広島市・廿日市市の葬儀はおまかせください
あんしん家族葬ホール

厚生労働省認定1級葬祭ディレクターがご相談に応じます

wht.jpg

HOME ≫ 異なる意味を持つ通夜・葬式・告別式

異なる意味を持つ通夜・葬式・告別式

喪主として葬式を行うのは人生で何度も経験することではありません。そのため、葬式に関して分からないこともあるでしょう。例えば、通夜・葬式・告別式の意味をしっかりと把握していない方は多いのではないでしょうか。同じように思っている方もいると思いますが、それぞれ違った意味があるのです。こちらでは、通夜・葬式・告別式の違いについて紹介します。

弔問を夜通し行う通夜

葬式の前夜に、故人の家族や友人など親しい人が一晩集まって過ごす式のことを通夜と言います。夜通しで故人との思い出話などを行うことから通夜と呼ばれています。通夜は正式には本通夜と呼び、本通夜とは別に仮通夜があります。

亡くなった当日に行われる仮通夜では、通夜に先立って弔問客を受け入れずに親族だけで行います。特別に何かをするというわけではなく、故人を見守りながら一緒に過ごす目的で行われます。

宗教的儀式である葬式

基本的に通夜の翌日に行われるのが葬式で、遺族や親族が故人の冥福を祈るために行う宗教的儀式のことを言います。
一般葬や家族葬、1日葬、火葬式など様々な種類があり、宗教や宗派によって形式が異なります。

例えば仏式の葬式なら、僧侶が読経して、遺族や会葬者が焼香を行うといった流れになります。葬式を行う際には、万一の時に困らないためにも故人の宗教や宗派について調べておくことをおすすめします。

最後のお別れを告げる告別式

故人と最後のお別れをする儀式のことを告別式と言います。僧侶が主導となって執り行う葬式とは異なり、喪主が主導となって焼香や祈祷、献花などを執り行います。宗教などは関係なく、式のスタイルが自由であることが特徴です。

本来は葬式とは別の式ではありますが、現在では葬式と告別式を一緒に行うこともあります。場合によっては、故人の意思などを反映して、告別式を行わないこともあります。

火葬式、家族葬など様々なプランをご用意

広島市や廿日市市で葬式を行う際は、あんしん家族葬ホールをご利用ください。通夜や告別式を行わない火葬式や親族だけで通夜や葬式を行う家族葬など様々なプランを低価格でご用意しています。葬式の準備で困ったことがありましたら、厚生労働省認定1級葬祭ディレクターが責任を持ってご相談に応じます。お問い合わせは24時間年中無休で対応していますので、気軽にご相談ください。

サイト概要

ホール名:
業種:広島・廿日市の葬儀(葬式)
電話番号:082-533-8194
最寄り駅:広電 楽々園駅
住所:〒731-5136 広島県 広島市 佐伯区楽々園三丁目3番24号

モバイルサイト

あんしん家族葬ホールモバイルサイトQRコード

あんしん家族葬ホールモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!