広島市・廿日市市の葬儀はおまかせください
あんしん家族葬ホール

厚生労働省認定1級葬祭ディレクターがご相談に応じます

wht.jpg

HOME ≫ 葬儀の時に着用する喪服について

葬儀の時に着用する喪服について

喪服には色々な決まりがあります。葬儀の時に慌てないためにも、どのような服装をすれば良いのか事前に把握し、準備しておくことが大切です。こちらでは、葬儀の時の喪服について紹介します。

喪服の基本ルール

昔は遺族だけが喪服を着ていましたが、最近では参列者全員が、喪服を着用することが一般的なマナーになりました。
喪主や親族などの遺族は黒色の腕章をつけますが、弔問者の方はつけないといった違いもありますので注意しましょう。

また、喪主や親族は、弔問者よりも格上の喪服を着るというルールもあります。最近では、ルールにこだわることは少なくなりましたが、基本的なルールをしっかりと確認しておくことが大切です。

男性の喪服

ブラックスーツに黒のネクタイが喪服の基本になります。シャツは白無地で、靴下や靴も黒色の無地で光沢の無い物を着用します。ベルトも黒色を使用し、ネクタイピンはつけません。
喪主の方で和装をされる場合は、黒紋付き羽織袴を着用します。帯は地味な角帯を使用しい、袴は博多平や仙台平を使用します。

女性の喪服

女性の場合は、フォーマルドレスを着用します。黒のストッキングと黒い靴を着用し、財布やバッグなどの小物は、装飾品がついていない地味な物を使用します。ワンピースやアンサンブルでも良いと言われていますが、親族の方は、できるだけツーピース以上を着用しましょう。

和装をする場合は、五つ紋つきで黒無地の着物を着用します。黒の帯をし、黒の草履を着用します。

子供の喪服

子供の成長は早く、喪服を購入してもすぐに着ることができなくなってしまうため、喪服を用意しなければいけない決まりはありません。

葬儀に参加するときは、黒を基調とした服を着用します。また、学生の方で、制服がある場合は、制服を喪服の代わりとして着用することもできます。

広島の葬儀・葬式ならあんしん家族葬ホール

広島市で家族葬や火葬式をお考えの方は、あんしん家族葬ホールにご相談ください。厚生労働省認定1級葬祭ディレクターが、お客様の様々なご相談にお応えします。また、あんしん家族葬ホールのプランは、価格を明確にしており、必要なサービスが含まれていますので、追加料金が発生することもありません。

サイト概要

ホール名:
業種:広島・廿日市の葬儀(葬式)
電話番号:082-533-8194
最寄り駅:広電 楽々園駅
住所:〒731-5136 広島県 広島市 佐伯区楽々園三丁目3番24号

モバイルサイト

あんしん家族葬ホールモバイルサイトQRコード

あんしん家族葬ホールモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!